茶クマについて

茶クマ小さなシミが集まって出来ているクマです。目の摩擦や紫外線が原因でシミになったり、炎症やメイクの汚れによる色素沈着から茶クマが出来てしまいます。また、目の下の皮膚がごわつく、くすみが酷い、アトピー肌・皮膚が弱い人、代謝が正常に行われていない人、目を強くこする人に多くみられるクマです。

睡眠時間はちゃんととれているのにクマがある、常にクマがある人は、茶クマと言えるでしょう。茶クマは、長い間、紫外線予防を怠ってきた人やメイクの処理をしっかりしてこなかったことが原因でメラニンが蓄積されクマとして現れている状態なので、すぐに改善する事は難しくなってきます

茶くまは早めのケアが重要

ほっておくと、更にシミやシワ、くすみ、たるみが悪化してしまうので、早めに改善していきましょう。目の下は紫外線を意外と受けやすい場所。茶クマは長年怠ってしまったケア不足なので、ゆっくりじっくりクマと向き合い治していきましょう。

まずは、美白成分・ビタミンCを肌に取り入れて行くことが肝心です。ビタミンC誘導体やハイドロキノンが配合された美白化粧水を使ってケアすることが大切です。クマに効く目元のマッサージなどがありますが、茶クマはマッサージの摩擦の刺激により、くすみの原因となり逆効果なので注意しましょう。

クレンジングも目元を擦るのは悪化の原因になるので、濃いアイメイクを落とす場合はアイメイク専用のリムーバーを使用する事をおすすめします。外出する際は紫外線カットを忘れず、UVクリームで肌をしっかり守るのが基本になります。根気強く茶クマ退治を頑張りましょう。

茶くまの原因と診断方法、改善方法


理由 色素沈着
原因 目をこすったり、紫外線のダメージ、化粧などの刺激、ターンオーバーの乱れなど
診断方法 皮膚を引っ張っても、上下に顔を向けても色が変わらなければ茶くまの可能性が高いです。

茶くまは睡眠を十分にとっても、疲れがとれてもなかなか消えないクマでもあり日々の生活を気をつけても改善することが難しいクマです。色素沈着によるものでメラニンが蓄積して貯まってしまっている状態です。除去するためにはこのメラニンを除去する必要があります。

UVケアをしっかり行いビタミンCを積極的に取り入れターンオーバーを正常にするために美白、保湿ケアを念入りに行う必要があります。肌の手入れをこまめに行う事で徐々に綺麗になっていくはずです。また、マスカラ、アイシャドウなど毎回メイクをしっかり落とすことも予防の一つです。

ただ、こすっても色素沈着が起こりますので拭いて落とすという選択は避けるべきです。同様に化粧を塗る際にも強くこすりすぎないように注意が必要です。元々皮膚が弱い人になりやすいタイプです。さらに目の下という皮膚の薄い部分なので集中したケアを心がけましょう。


何をやっても消えない?諦めていたクマを7日間で消し去った方法