病気が元で現れるくま

ただの寝不足、こすったことによる色素沈着、たるみのせいで「くま」のように見えているだけなら見た目はさておき、問題ありません。しかし、そのくまの原因が恐ろしい事に重大な病気のせいで出来ている可能性もあるのです。

特に理由の分からないくまの場合には注意が必要です。しっかり寝ているのにもかかわず出来てしまっているくま。特に疲れが貯まっている訳でもないのに現れてしまっているくま。色素沈着によるものかもしれませんが内臓の異常でくまになっている可能性も否定できないのです。

肝臓病、腎臓病、糖尿病、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)などの疑いが出てくるのです。これらの病気の初期症状としてクマがあります。一貫して初期の頃には症状があまり出ない病気でもしかしたらそれをクマとして最初にサインを出しているのかもしれません。

体重減少や疲れが取れないなどの症状が出てきたらいよいよその疑いも強まります。顔色が悪くなってきても要注意です。肝臓や腎臓は血液、血流と密接に関係している病気です。これらの臓器の状態が悪いと血液循環が悪くなり、一番皮の薄い目の下にクマと言う形で現れてくるのです。

目の下のクマが出すSOS

今日は、目の下のクマが酷いと思う事がありませんか?最近、クマが目立ってきたなと感じる事はありませんか?普段からしっかり睡眠時間をとっているのになぜだろう?それは、目の下のクマが出す体の不調を訴えるSOSなのかもしれません

まず、一番初めに考えられるのが血行不良です。通年を通して寒い、血行不良は冷え性の原因にもなり、骨盤が歪んだり月経困難症になり不妊症に至るケースもあります。肩凝りや首の凝りも出てくる事もあり、そこでクマも酷くなるといった事が考えられます。

ストレスからくるクマもあります。疲れがピークに達し出来たクマは、それだけでは終わらず、そこから胃炎や食欲不振、精神的に不安定になると、うつ病になる事も考えられます。たかがクマだと思いほっておくと、もしかすれば、始めはクマだけだった問題が、体のあちこちで悲鳴をあげる事になりかねません。

クマが最近になって気になってきた人は、過度なダイエットをしていませんか?急激に痩せようとダイエットを頑張ってしまう事によって、ストレスも溜まり、栄養失調に陥り、目の下のクマとして体の異常を伝えようとしているのかもしれません。

甲状腺機能亢進症、通称「バセドウ病」と呼ばれる病気は、甲状腺からホルモンが多く分泌される事で、全身の代謝が高まるといった病気です。疲れやすく、手の震えや動悸といった症状が表れます。バセドウ病は目元に症状が出やすい病気で、眼球が出てくる、目の下の膨らみが出てくるといった症状が表れる事はよく知られていますが、その中でも、まず初期段階で表れる症状として挙げられるのが目の下のクマです。

自覚症状がなく病気だった場合は進行してしまうので、気になった場合は病院でしっかり診察してもらう事をおすすめします。目の下のクマだけではなく、目元の痙攣や目の充血といった症状が出てきた場合は注意が必要です。肝臓病、腎臓病、糖尿病という病気も、臓器の機能が低下すると共に、目の下にクマが出来てきます。

肝臓の機能が低下をすることによって、血液中にあるヘモグロビンが少なくなるために、血液の色が黒っぽくなって、体の中の皮膚で特別薄い目の下の皮膚からこの黒い血液が透けて見えてしまうことからクマが出来てしまうのです。疑う事は、とても大切な事です。自分の身を守るのは自分自身で気付く事が重要なので、目の下のクマだけではなく、全体的に顔色が悪い、最近痩せてきた、昔はクマが出来てもすぐに消えていたのに、今回はずっと消えない、そんな場合はまず病院へ。


何をやっても消えない?諦めていたクマを7日間で消し去った方法