クマ隠しメイク術

目の下のクマを消したいけれど、元から無くすには時間を費やしそう、そう思うととりあえず確実なのはメイクで隠す事です。私の場合は、筆ペンタイプのリキッドコンシーラーを使っています。私はシミは無く、コンシーラーはクマ隠し以外の目的では一切使用しないので、本当にクマ専用コンシーラーです。

目の下に塗り、広い範囲でぼかし馴染ませます。目元が一気に明るくなるので、顔の印象も変わり、目元がすっきりさっぱりといったイメージになります。私のクマは、固形タイプのコンシーラーでガッツリ隠すと、余計そこの部分に違和感が出てしまい目立ってしまうので、出来るだけナチュラルに隠しています

なので、全くクマが無くなるといった事は無いのですが、自然な仕上がりが定着し、気に入っています。完璧に消えきれないクマ、それでもこのクマを感じさせないようにするポイントは、コンシーラーの後はコンシーラーを付けた場所にファンデーションを塗りません

コンシーラーの後にファンデーションを塗ると、時間が経つとシワになる原因になります。そして、コンシーラーを付けた場所にはファンデーションのかわりにピンクのフェイスパウダーをさっと付けます。これだけで透明感が生まれ、コンシーラー効果が生きてきます!

人によってメイクは異なる

人によっては、ゴールドのパウダーが良い人や、私の友人はオレンジのパウダーが最強とも言っていたので、自分に合うパウダーを仕上げに持ってくれば良いと思います。そして私は、やはりクマ=不健康というイメージがあるので、少しでも生き生きした表情を表現するために、チークを薄く入れます

これは、目元のクマがそれなりに隠れているのが条件になってきます。クマが隠れていない状態でチークを入れると、目元のクマがクッキリと目立ってしまいます。これでクマ隠しナチュラルバージョンの完成です。クマに悩んでいる方は、是非お試し下さい。

目の下のクマを化粧で隠すには

目の下のクマを撃退する事は難しいので、まずは、目立たなくするための手段として一番手っ取り早い方法は化粧で隠す事です。根本から取り除くには、時間も忍耐もお金もかかってしまいます。だけど日々の生活で少しでも気にしない生活を送りたいものです。

クマを隠すメイクは一回や二回で簡単には上手くカバー出来るものではありませんが、慣れてくると、色々なやり方を取り入れる事で、最終的には完璧に隠せるテクニックが身についていく事でしょう。そのためにも、まずは経験を積む事が大切です。クマ隠しに大切なアイテムは、なんといってもコンシーラー。これ無くしては、クマ隠しは語れません。クマには色々な種類があり、種類によっても隠し方が変わってきます。

まずは、目の下が青く、血行不良などによって、その日その日で濃くなったり薄くなったりするクマを青クマといいます。このような「青クマ」に効果的なメイクは、青の対照的な色である明るい色のコンシーラーでカバーする事です。オレンジ色やピンク色のコンシーラーを選ぶとよりキレイに隠す事が出来るでしょう。オレンジ色と聞くと、そんな色みを目の下に塗るの?と思われるかもしれませんが、コンシーラーのオレンジは、上手く肌の色に馴染むので、安心して試してみて下さい。

目の下が茶色だったり黄色い色に見えるようなクマは色素沈着などから顔に出来てしまった茶クマです。この「茶クマ」を隠すためには、黄色のコンシーラーが良いと一般的には言われています。人によっては、青クマと同じオレンジが合う人もいます。クマは人それぞれなので、メイクをしたのに上手く隠れていないと思ったら、他の色を試して隠れる色を自分自身で見付けて見て下さい。

茶クマの場合は、目の下のクマ部分だけではなく、目の瞼の上にもコンシーラーを乗せていくのがポイントです。目元を全てコンシーラーで囲んでしまいましょう。クマの部分が影になっていたり、くぼんでいる、肌のたるみからくる場合のクマは「黒クマ」です。この場合は、ベージュなど、肌の色に近い色をチョイスしてコンシーラーを塗ってみて下さい。グイグイ伸ばすのではなく、指でポンポンと乗せていく感覚です。



青クマ、茶クマ、黒クマと、コンシーラーの後は、ファンデーションを薄く重ねてメイクの完成です。あまりガッツリと目元をコンシーラーで隠し過ぎてしまうと、目元のメイク崩れ・よれなどで、隠したい部分が目に付く原因を作ってしまう事になり兼ねません。そうなってしまうと本末転倒なので、適度にクマ隠しをするのも重要です。

メイクでクマを隠すコツ

目の下のクマを根本的に無くす方法ではないのでその場しのぎであることに違いはありません。しかし、目の下をすぐに隠したいという時にはメイクは役立ちます。ただ、そのメイクの仕方を間違えればさらにクマを作る事になりますし、メイクによっては逆に目立ってしまう事もあります

スティックやペンシルタイプで隠そうとすると、目元に摩擦を与えることになり、それがクマの原因になる事もあります。クマを隠すためにクマを作ってしまっては本末転倒です。極力、摩擦を与えない筆タイプなどで肌にやさしく付けられる方法を選びましょう

そして、目の下のクマを隠そうとするあまり、クマの部分を重点的に塗ってしまいついつい厚塗りをしてしまいがちです。しかし、厚塗りをしてしまうとかえって目立たせてしまう事になります。化粧崩れもしやすくなりますので塗り過ぎは注意しなければなりません。

そこで目の下のクマの周りから塗ってなじませるように化粧をすると塗り過ぎを防ぐことが出来ます。また、なじませながら塗る事が出来るので仕上がりが自然で上手に目の下のクマを隠すことが出来ます。塗り方もしっかりしなければ逆効果なのでしっかりと目立たなくする化粧の仕方を覚えましょう。

使う化粧品も出来ればクマを薄くする成分が入ったものを使用したいものです。結局色を塗って隠すだけでは根本的な解決にはなりません。化粧品の中にも目の下のクマの対策がされているものもありますので根本的にクマを無くすためにそれらの商品を選びましょう。クマの種類により必要な栄養、成分は異なりますのでご自身のクマをしっかり把握して化粧品を選びましょう。


何をやっても消えない?諦めていたクマを7日間で消し去った方法