遺伝によるクマのしくみ

家族揃って、目の下のクマに悩んでいる人はいませんか?目の下のクマは遺伝するのです。これは、目の大きさや目元の皮膚の薄さが原因で、代々目の下にクマが出来る家系となるわけです。顔の骨格や脂肪のつき方、顔の特徴・皮膚の特徴も親子だと似て、遺伝による先天的な原因となり得ます。

目の下の静脈瘤のクマは、深い骨格を持つ人や、影によってクマを生じさせる人なので、遺伝形式と言えるでしょう。特に幼い頃からクマが気になっていた人、たるみからくるクマは、遺伝からくるクマの確率が高いと言えるでしょう。

目の下の脂肪が膨らみ、目袋によって出来るクマや頬がたるみ目の下に影があるクマも、どちらか両親からの遺伝の影響が大きいです。目の下の皮膚の薄さから遺伝する場合は、寝不足やストレス、疲れなどが溜まった場合に血行が悪くなり、すぐクマが出来る体質なので注意しましょう。

遺伝でも

寝不足が続くと慢性的なクマとなってしまうため、気を付ける必要があります。貧血や疲れを溜め込んでしまう体質そのものが遺伝して、そこからクマが出来やすい体質を作ってしまっている場合もあるので、規則正しい生活を心掛ける事も大切です。

食生活も家族だと同じようなものを食べる事から、かたよった食生活の家族はビタミン不足が生じ、クマに繋がるということも考えられます。生活習慣に注意しながらクマのケアをしていくことも必要です。どんなに遺伝でクマが出来たとしても、普段の食生活を気にしたり、スキンケアをしっかり行う、規則正しい生活を心掛けることで、遺伝のクマを回避する事が出来るので、生活を見直すことから始めてみましょう。


何をやっても消えない?諦めていたクマを7日間で消し去った方法