クマは皮膚科で治せる?

目の下のクマは頑固で、一度出来てしまうと隠す事は出来ても消す事は簡単には出来ません。しっかりと治してしまうためには、専門医に相談してみましょう。美容皮膚科などでは、目の下のクマを専門に治療しているクリニックがインターネットで探すと出てきます。

冷え性や疲れからくる青クマ、皮膚の新陳代謝が影響して出来てしまう茶クマ、年齢を重ねる毎に目の下に影が出来てくぼんでしまう黒クマ、それぞれ治療法や施術内容が変わって来ます

まずは、ケミカルピーリングといってクマに効くジェルを目元に塗り、くすみやメラニンを排出するやり方や、血流が良くなるマッサージをして、顔の筋肉を指圧やマッサージ用の器機により刺激したり、リンパマッサージをしてリンパを促進し、うっ滞した血管の流れを良くする事により、クマが改善されていきます。

それぞれの美容皮膚科が提供するパックを行う場所もあります。ハイドロキノンクリームという漂白作用のある塗り薬が処方される場合もあります。これは、クマを薄くしたり、クマの予防にも効果的だと言われています。その他に、飲み薬が処方される場合もあるでしょう。

黒クマの場合は、目の下のクマというよりも、原因はくぼみなので、クマ部分にヒアルロン酸を注入するという施術や、目の下のたるみをメスを使わず注射で消すといった施術になり、費用はそれなりにかかりますが、施術自体はその日で終わり、その日に治るという形になります。

色素沈着によるクマと判断された場合は、だいたい処方されたクリームを塗る事で半年頑張れば改善されるでしょう。うっ血によるクマの場合は、一年ほど時間をみたほうが良いかもしれません。クマの治療を行っているところは、ほとんどが皮膚科といっても美容皮膚科なので、高額治療になる事を覚えておきましょう。保険は適用されず、エステのような施術だったり、ヒアルロン酸を注入という整形に近い形と考えても良いかもしれません。

ただ、クマの内容によっては、保険適用の場合もあるので、どうしてもクマを消したいと思う人は一度診察を受けて、どのような治療になるのか詳しく話を聞くのも良いでしょう。ただ、普通の皮膚科に行っても無駄足になる場合のほうが多いので、近所の皮膚科などでクマが簡単に治せるという安易な問題ではありません。

電話で「目の下のクマの治療はしているか」問い合わせるのも良いでしょう。普通の皮膚科でも、レーザー治療を行っている場所も一部あります。どうしても、顔からクマを消し去りたいのなら、まずは行動に移してみる事が重要でしょう。


何をやっても消えない?諦めていたクマを7日間で消し去った方法