クマの色はどこからくるの?

クマの色はどこからきているのでしょうか。目の下のクマに悩んでいる人は一度は考えた事があると思います。そもそも、なぜ目の下は黒く見えるのでしょうか。それは流血の低下によって目の下が黒くなるのです。

目のまわりには多くの毛細血管があり、目に酸素や栄養などを送っています。血液は赤い色で、その赤はヘモグロビンの色です。血流が良い場合は、ヘモグロビンは鮮やかな赤色をしています。

しかし、加齢からくる皮膚表面の毛細血管の萎縮や、睡眠不足やストレスが原因で血液の流れが低下した場合、血液中の酸素が欠乏し、ヘモグロビンは鮮やかな赤から暗い赤色に変化し肌の健康的な赤みから遠ざかってしまうのです。それが目元の薄い皮膚から見えることにより黒く見え、クマとなるのです。

貧血はくまの原因

という事で、目の下にクマが出来るという事は、それだけ酸素を含まないヘモグロビンになっているという事、言い変えれば、疲労や寝不足という不健康な生活から、ドロドロの血液になっている状態と言えます。クマをなくしたい人は血液をサラサラにする事から始めましょう

ヘモグロビンが増えると、赤血球細胞は体の至るところへ多くの酸素を届けます。ヘモグロビンを増やしたい場合は、貧血の時と同じで、レバーやシジミ、ひじきなどを中心に、鉄分・たんぱく質・ビタミンをバランス良く摂取する事が大切です。そうする事で、血行促進しクマが改善されることでしょう。

鉄分は体に酸素を送る重要な役割があります。しかし、女性は生理により鉄分が多く失われてしまい、日本人女性の4分の1が貧血という実態です。酸欠や栄養不足はクマの大敵なので、効率良く、食べ合わせにも気を配りながら肌の調子と見比べてクマ対策に取り組む事が大切です。

血液の流れを促進させよう

いろんなクマがあるけれど結果的には血液の流れが悪くなっているという事です。その原因がストレスや睡眠不足など様々な要因によって引き起されていますが血液の流れが悪くなり毛細血管が薄い皮の部分にクマとなって表れているのです。大抵のクマの原因は血液にあるのです。

その他の理由としては色素沈着とたるみで、こちらは少しやっかいなクマともいえますが血液が原因のクマから色素沈着やたるみにも移行することを考えたら血液改善が目の下のクマを解消するためにはキーポイントになります。ですから目元の血流をいかに改善させる方法を知らなければならないのです。血行不良になっている原因がクマの大きな原因なのです。


何をやっても消えない?諦めていたクマを7日間で消し去った方法