赤クマについて

目の下が赤く腫れているようなクマを赤クマと言います。青クマが静脈のうっ血に対して、赤クマは静脈・動脈両方のうっ血です。目の下にふくらみが出来始めたら、赤クマになる前触れです。

この時点で、蒸しタオルなどで目の周りを温めることでクマを防げます。赤クマは、他のクマよりも軽度なので、神経質になる必要はありませんが、油断すると青クマや黒クマになってしまうこともあるので注意が必要です。

血行不良や目元のたるみからくる赤クマ。血行促進のためには、しっかりと睡眠をとることが必要です。目を使い過ぎるのも赤クマにはよくありません。長時間のパソコン作業なども適度に休みを取って行うようにしましょう。

赤クマの予防

赤クマ予防にはビタミンKが効果的と言われています。ビタミンKは顔の赤みに効果があり、血液の拡張を抑える働きが期待出来ます。精神的なものから病的なものまで、顔の赤みの原因は様々ですが、赤くなる原因となる毛細血管内の拡張を押さえてくれるのです。

ビタミンKが多く含まれている食べ物といえば、ひき割り納豆・パセリ・しそ・海藻類です。皮膚を引っ張ると赤みが増す赤クマは分かりやすいので、改善を実感するのも分かりやすいです。目の下で血栓症が起きる事で出来る赤クマ、体の中からしっかりと予防することにより、目に無駄な疲労を溜めこまずクマをシャットダウンさせることに繋がるので、まずはビタミンKを取り入れ効果的にクマを事前に防いでいきましょう。赤クマが進化をすればケアが困難になっていくので、赤クマのうちに撃退するのが大切です。

赤くまの原因と診断方法、改善方法


理由 血行不良、血栓症
原因 目を酷使、寝不足
診断方法 目の下にぷっくらとふくらみがある。
重症度 軽度


眼輪筋という筋肉が透過したり眼窩脂肪が突出し赤く腫れているように見えます。膨らんでいるということは同時に影が出来、黒クマが出来てしまう事もあります。つまり赤く膨らんでしまっている状態のくまを赤クマと呼ばれています。主にパソコンやテレビ、携帯電話など長時間目を酷使しることによって生じます。

くまとしては軽度な状態ですが、放っておくとたるみの原因にもなり血行を促進することが先決です。ホットタオルを目に覆うなどして血行が良くなれば改善されます。ただ、睡眠も同時にしっかりとることで解消されるくまで、疲れを解消させるのが一番の方法です。また血行促進は目だけではなく、風呂などにつかるなど全身の血行にも気を配りましょう。とにかく疲れを残さない事が大事です。

血栓症によって引き起こされる赤くまの場合には、ビタミンKを摂ることを心がけ海藻類の摂取やビタミンKが配合されている化粧品を使うなどする対策をすると良いと思います。


何をやっても消えない?諦めていたクマを7日間で消し去った方法