クマを解決!注目エイジングケア

目の下のクマの中でも一番改善が難しいとされている黒クマ。目の下がくぼんで出来る黒クマには、くぼみにボリュームを出す事によりクマを改善する事が出来ます。目の下に適度な膨らみを作るのに効果的なのが、ヒアルロン酸を注入する事。メスを入れずに出来るアンチエイジングとして今、注目されています

くぼんでしまった箇所にヒアルロン酸を注入すると、肌を持ち上げ若々しい肌を作り上げる事が出来ます。 直接顔に塗ったり、飲んだりと、美容に効果があることは言わずと知れた成分ですが、このヒアルロン酸とは、グリコサミノグリカンの一種で、人間の体に元々ある成分で、皮膚や関節、脳などにも含まれているので、体内に入れても自然と馴染む安全な成分なのです。

ヒアルロン酸


水と馴染みやすいことから、保水力が高く、弾力のある肌を作りあげる働きがあり、副作用もほとんどないという優れた成分と言えるでしょう。ヒアルロン酸を注入する事によって、目元のヨレ、たるみなども改善され、コンシーラーでは消すことのできなかった肌が、年齢を感じさせない目元を作り上げる事が出来ます。

短時間で痛みが少なく手軽で効果的というメリットから、最近では非常に身近になっている施術で、悩むよりもヒアルロン酸注入で簡単に解決する人も多くなってきました。数分の処置でリーズナブルにクマを消す事が出来る、メイク感覚で行う人も増えています。老けた印象から短時間で健康的なイメージに変わり若返ることが出来るエイジングケアは、悩みを解消させる一つの方法です。

美容皮膚科による目の下のクマ治療法と料金について


 目の下のクマ治療法として、皮膚科や美容皮膚科ではどのようなことがあるのでしょう。また料金もどのぐらいになるのでしょう。まず一般の皮膚科の場合は目の下のクマについて、適切な原因は教えてもらえる可能性はあります

しかし一般の皮膚科にできる治療は、目の下の部分の乾燥を改善させること程度であり、目の使いすぎに注意すること、過労や睡眠不足がないか見直すことなどを指導される程度です。料金も保健が効くので初診料と1回の治療費、グリセリンなどのクリーム代程度が予想されます。そのときの市販される薬にもよりますが、大体全部で2,000円程度と考えておきましょう。

そこで今度は美容皮膚科の目の下の治療法について考えてですが、目の下が乾燥によってくすんだり垂れたりしている場合は、ヒアルロン酸を入れて凹みや影を消す施術を行います。

大体注射1本が5〜10万円ですが、ほとんど両目で2〜4本の使用が多いと言われています。もちろん永久には持ちませんが、大体3〜6カ月前後で効果は消えることが通常です。

他にも皮膚にレーザーを当てて血行を良くし、コラーゲンを増量させることも行います。1回2〜5万円ですが弾力が戻り血行も良くなるでしょう。繰り返し施術を行うことが必要になることも。黒クマ、青クマに効果があります。

テノールという高周波を当てて深い皮膚細胞を温めていきます。それによってコラーゲンの生成が高まり肌にハリができます。料金は1回1〜2万円ですが10回程度は施術が必要です。青クマ、黒クマにおすすめです。

自分の血液から血小板のみを注射するという方法のPRP療法もおすすめです。費用は20〜40万円になりますが3年程度の長期間効果が続きます。ただし費用も高額なので、説明をしっかり受けて納得してから行うようにしましょう。

美容皮膚科であっても、すぐに目の下のクマが消えるというものではありません。そのため、自分でも毎日のケア、目の疲労を避ける、栄養を考えるなど努力をすることが必要になるのではないでしょうか。


何をやっても消えない?諦めていたクマを7日間で消し去った方法